3dプリンターがおすすめされている理由とは

ビジネスフォンを安く導入

電話

基本的な機能は新品と同等

念願の独立開業を実現させてオフィスや店舗を構える際には、業務に必要なOA機器を揃えなければなりません。中でも顧客からの信頼を得るために欠かせないビジネスフォンは新品で購入すれば高額な費用を要するため、多くの企業はリース契約を利用しています。しかしながらリース契約でOA機器を導入するには毎月一定額のリース料金を契約期間中支払わなければならず、契約時にはリース審査に通過しなければなりません。起業直後でまだ社会的信頼を得ていない企業ではリース審査が通らない例が多く、リース料金も経営を圧迫する要因となりがちです。そのような企業でも中古市場を利用すればビジネスフォン導入への道が開け、顧客からの電話を受けたり内線通話を利用したりすることができるようになります。中古ビジネスフォンと言えば機能面に不安を抱く人もいますが、保留や転送・内線・短縮ダイヤルなど一般家庭用電話機と異なる基本機能に新品と大きな違いはありません。特定の最新機能を利用したいという場合を除き、大半の企業では中古ビジネスフォンで十分に用が足りているものです。中古ビジネスフォンを導入することによって新品を購入する場合と比べて高額の初期費用が発生せず、毎月のリース料金も支払う必要がありません。資金繰りの不安定な起業直後ではOA機器にかける経費を安くすることで資金に余裕が生じ、浮いた分の資金を事業活動に回すことも可能になります。その上で新品のビジネスフォンを導入したのとほとんど変わりない電話のやり取りが行われるため、早い段階で顧客からの信頼を得ることができるのです。このようにして業績を積み重ねた後に資金の余裕が生まれた暁には、企業としての信頼性を背景にリース契約も可能となります。いずれは最新機能を売りにした新品のビジネスフォンを導入するとしても、スタート時は中古ビジネスフォンを利用した方が独立開業の成功確率も高まるものです。