3dプリンターがおすすめされている理由とは

購入せずに設備充実化

ウーマン

手軽に設備を拡充するには

会社の規模や業務内容が変化するたび、人員配置の見直しや業務フローの改善が必要になるが、その中にあっても設備の拡充はより大きな課題といえるだろう。設備投資を十分に行わないことで、新規の仕事を逃してしまったり、十分な対応ができず利益の損失も発生するからだ。その代表格ともいえるのがビジネスフォン、いまや携帯電話やスマートフォンを持ち歩かない営業マンはいないといえるだろう。インターネット上のサービスが充実しているとは言え、電話でのクレーム対応・注文受付などは顧客獲得ないし対応の手段としてまだまだ最前線といえる。電話を始めとした通信機器は必要な数も多く、初期費用も膨大である。そこで活用したいのはビジネスフォンのリースだ。レンタルよりも割高と言われることもあるが、リースにも強みがある。まず挙げられるのは借りる機器の幅に制限がないことだろう。レンタルは借りられる機器のタイプやOSに限りがある、しかしリースであれば好みの機器、指定したメーカー品を使用できるため、これまで利用してきた機器との互換性を心配する必要はない。さらに、ビジネスフォンのリースに見られるように、情報通信に関わる機器は多くの需要がある。ビジネスフォンと併せてプリンターやパソコンなどのOA機器、Wi-Fiやルーターといった通信用の機器と併せて利用するのも良いといえる。様々なリース会社を利用するのでは事務的にも経理的にも煩雑な手続きが増えるが、一社に絞ってリース契約をすることで、利用料金を抑えることも、事務手続きを減らすことも可能だろう。